やる気を尊重する

昨日レッスンだった年少さんの男の子のお話です。

入会当初から、
まずドリルで書くお勉強をして、その次にピアノを弾く、というスタイルの生徒さんです。


この日もドリルからスタート。

問題)
ドレミがカタカナで書いてあるので、五線譜に音符を書きましょう

1ページに四段、問題があります。



教室に入ってすぐには集中出来ません。

イスの上にゴローんしたり
イスの下にもぐったり
丸つけ用の赤鉛筆で書こうとしたり
フニャフニャの丸にしてみたり、、、


レッスン時間経過5分
まだ “今はお勉強の時間!!”の姿勢に入らなかったのでいつも通りかなと思い、問題は一段で終わりにしようとしました。


そうしたら、一段目の最後2問から丸の形が良くなったのです。


ん?

!!もう少しやらせてよう!!



二段目に入る時に「あ、これは一段目に、同じのがあるね、どこだろ?」と促して、ついさっき書いたところを見てもらいました。

「あ、ここと同じだね!」と誘導もします。



そしたらどうでしょう。

その後その子は一人で黙々と書き進めるではありませんか!!

感激。



出来るじゃない~〜!!(≧∇≦)!!

すごい!マル!次もわかっちゃうね!
あ、またマル!!すご~い!!と褒め続けて、
四段まであった問題を三段目まで書いたのです。

「良くできました!!100点だよ~(≧∇≦)
最後の四段目は宿題よ!!」と言って

※すかさず「さ、次はピアノね!」と促しました。

“なんかいっぱい褒めてもらったからピアノの楽譜すぐ出そう〜” 
(↑この、すぐ、のところが重要ですね)


と、なったわけです^ ^


今回のドリルに費やした時間は15分強でした。
普段なら開始10分ほどで切り上げるのですが、
やる気スイッチが入ったのを尊重して進めると、
成果が見えたり、伸びたりします!

その日の伸びしろは、やる気を尊重した分だけ出てきます^ ^

➖➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織

🎵《無料体験レッスン受付中》→http://niconicopiano.own-web.com
➖➖➖➖➖➖➖➖➖
f:id:niconicopianolesson:20151112154907j:image
P.S.
レッスンの行き帰りに必ず
“今日のスカイツリー”を見ます。