もう少し弾きたい!という気持ち

私が講師をしている都内の教室でも自宅でも、基本的にピアノのレッスンは1回30分です。

30分では、短いでしょうか?長いでしょうか?


個人レッスンの場合、
密室で講師の先生と生徒さんの二人っきりの場合の、ピアノに対する集中力が持つ時は、
“30分と、ちょっと”だと思います。

“と、ちょっと”というのは、
“もう少しピアノを弾きたい”という気持ちの時間です。


〜レッスンの流れ〜

1 ♪宿題のところ(曲)を弾く
2 ♪宿題では上手くいかなかったところを先生と一緒に練習する
3 ♪宿題の先を見る(ヒントをもらう)
(4 ♪小学生まではドリルをやる)


日によって順不同な時もありますが、
年少さんのわんぱくなお子さんでも、ピアノを習い始めて半年すればこのような流れで進められます。

ピアノ曲がどんどん難しくなればなるほど、
2 ♪に時間がかかりますし、宿題(=課題)が増えます。

30分のレッスンの終盤までに、“先生と一緒にやったら出来るようになった!”という気持ちを作って、さ、続きはお家で弾いてみましょ!】と促せば【ここまで出来たから家でも(1人でも)出来そうだからやってみよう!】となるわけです。


レッスンで集中力が持つ時間が“30分とちょっと”というのは、“=レッスン時間は終わりだけど家でも弾こう!という気持ちにさせる”ということだったんですね


まずは体験レッスンへ!!
f:id:niconicopianolesson:20160226205038j:image
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織

🎵《無料体験レッスン受付》
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖