挨拶を学ぶ

今回は、ピアノ教室で“挨拶を学ぶ” についてお話しします。


保育園や幼稚園に通うお子さんも
小学校から大学まで通う学生さんも
お勤めの会社でも

“挨拶をする” のは基本ですね。


「おはようございます」
「さようなら」


挨拶は生活の基本。

これを習い事の教室でも徹底していくということは、小さいお子さんにとって、とても効果的な場になります。


朝、保育園に行ったら
「先生おはようございます」

夕方、保育園を出る時に
「先生さようなら」

そのあと行くピアノ教室の先生には
「こんにちは」

お母さんがお迎えに来たら
「ありがとうございました」
と言い、さようならをする。


小さい子ながらに “ここでも、あそこでも、いっつも挨拶ってするんだな〜” と思うでしょう。

そして、
大きくなるにつれてその場その場での使い分けができるようになってくるはずです。


この一連の流れが幼児の生活の中できちんと確立すれば、成長し大人になっても挨拶の習慣が身につくことでしょう。


ここで大事なことは
“家庭の中でも挨拶を欠かさない”
ということです。


基本的な生活習慣は家庭の中で学びます。


家の中で「おはよう」「いってきます」「ただいま」「おやすみ」など、挨拶をする場面は多いですね。

家族の人と挨拶し合えていれば、
外の人とも挨拶をしたくなるでしょう。

挨拶が人の心を動かす!
これは素敵なことですよね^ ^


最後に。

講師の私が心がけていることは
相手の目を見て挨拶をする!です。

ぜひ今日から、挨拶をする時の相手の目を
みてましょう。
目が合えば気持ちも嬉しくなりますよね^ ^

f:id:niconicopianolesson:20151119155320j:image

明日は、“上着を脱いでイスの上に置く” 
にも学びがあることをお話ししたいと思います。
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖