アプローチの仕方

おはようございます!

今朝はとても空腹で起きたので
朝食にご飯をお茶碗一杯食べてきました。

・・・

朝ごはんをしっかり食べよう!という声、
いや、朝ご飯は食べない方が良い!という声、
空いてれば食べればいいし、空いてなければ食べなくても良いという人もいます。

テレビの情報番組や雑誌では、そんな色々な説を展開しています。

・・・

結局は本人が決めること。
そして、お子さんの成長は親御さんがしっかり支えること。

それだけを考えれば、おのずとどうすれば良いか判断出来てくるはずですね!




さて昨日の体験レッスン。

いらしたのは2歳の女の子とお母さま。


その女の子は、すでに他の個人ピアノ教室で数ヶ月ピアノを習っていたが、先生の引越しの為そこの教室を辞めざるを得なかった。
お母さまは、娘にこれからもピアノを習わせたいと思って教室を探している。

とのことでした。



歳を聞くまでは3歳の年少さんかな~?と思ったくらい、
動作は大きく
おしゃべりはするし
ピアノのイスにきちんと座り
楽譜を開くこともしていました。


“年齢はあまり関係ないのですね”



もともと英語を習っていたが、その流れでピアノも同じ先生に習い始めたとのこと。


この、“流れで” が良いですね。

自然な成り行きを感じました。



誰でも強制されることは、なんとなく不愉快ですし、自分はそうじゃないけど…と反感を覚えてしまいます。

しかし、
上手にいった経験を利用して次に繋げていくというのは、“強制された” 感が少ないですね。


今朝の私の朝ごはんの話ではないですが、
お子さんに朝ごはんで何を食べさせるかは
親御さんの判断です。

私みたいないい大人は自分の判断で選択を変えられますが、
年齢が低いほど、親御さんなどの周りからのアプローチが大事です。



習う教室が違えば、
使う教材も違います。

次の教室では、前の教室で使っていた楽譜を使っていきます。

ぜひ相談してみてください^ ^

f:id:niconicopianolesson:20160128080203j:image
➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織
➖➖➖➖➖➖➖➖