ピアノを習って得られること

さて、今日と明日は
以下のラインナップでお話ししていこうと思います。

① 親御さんが子どもにピアノを習わせたくて
、お子さんが得ること。

② 自分でピアノを習いたい!と言い出したお子さん(学生さん)が得ること。

③ 大人になってからピアノを習い始めて得ること。


大まかに年代別に分けて
目的(=結果、得ること)を考えていきます。



まずは②と③


保護者の同意を得られなければ通えないお子さんと、自立して自分の意思で決定出来る大人、との違いはありますが、


「“自ら” ピアノを習いたい」という意思の上、
ピアノ教室に通って来られた方に共通して言えます。


→ピアノが弾けるようになった!
という達成感を得る


ピアノって弾くのが難しい。
だけど、
この曲を沢山練習して弾けるようになった。
ピアノの発表会で暗譜(楽譜を覚えること)で弾けた。
自分の好きな曲に挑戦してみたい。


と、
曲弾き上げることにより達成感を得て、
次の曲の練習へと意欲を上げていきます。



♪ お子さんの場合では…

ピアノが弾けると学校生活の中で活躍する場面が出てきます。

音楽の授業の時に、楽譜が読める。
音符がわからない友達に教えてあげられる。
音楽会の時に歌の伴奏をする。
入学式、卒業式でピアノの伴奏をする。

ピアノが弾けると様々な場面で“役に立つ” のです^ ^


♪ 大人の場合では…

趣味になったり、リラックス出来るアイテムとて使えます。

昔ピアノを習っていたので、もう一度やりたくなった。
仕事の傍ら、休日にはピアノを弾くのを趣味に出来る。
自分のリラックスタイムがピアノを弾いている時になる。
通っている教室で開催されるピアノ発表会に出てみる。

など、
非日常を味わうのにも使えます。
仕事帰りにも通えるような、遅い時間までやっている個人教室もあるので探してみると良いでしょう^ ^




習う目的が違くても、
お子さん、大人の方に共通して言えるのは
“達成感を感じる”
“好きな曲に出会う”
だと思います。


明日は①の
 親御さんが子どもにピアノを習わせたくて
お子さんが得ること。
についてお話します。

この場合、本人はそれほど“興味を持っていない” という時ですね。

ではまた明日^ ^
f:id:niconicopianolesson:20160114172121j:image

➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織
➖➖➖➖➖➖➖➖