“ドから、次のドまで”
これが私の指の開き具合です。
f:id:niconicopianolesson:20160113172521j:image

“ピアノを弾く人は指がものすごく開くんでしょ?” 
とよく聞かれますが

私はだいたいこれくらいしか開きません。

というか、
届きません。^ ^




グーパー グーパー と、指の伸び体操をしていると、だんだんと指と指との間隔が広がってきます。

しかし、
届く音には限界があります。


“指の長さ” は伸びないからです。


一般的に、女性は男性より手は小さいですし、
その女性の中でも手の大きさは様々です。

♪自分の手の大きさを把握してみましょう。



私は音楽大学へ進学した当時、
今まで以上に難しい曲を弾くことになりました。

沢山の音を一度に弾かなくてはならなかった時、
自分の指の限界を知っているので
音を “削除” して弾いていました。


難曲と言われるものほど、
音符は多いし、指を“かなり”広げながら弾いていくのです。


しかし、私の手はそこまで大きくもなく
指も長い方ではありません。


私は自分の限界を知ってからは
自分の弾ける(指が動く)範囲の曲を弾くようになりました。




プロの演奏家
舞台で演奏している方の手を見ると
明らかに手の形が違います。


“大きい” のです。


その手は、ピアノの難曲を弾くのに
“向いている手” なのかも知れません。




だからと言って、
大きくはない私の手でも
ピアノは弾きます。


自分がピアノを弾くのに必要な
“弾き方” を学んだからです。


その原点が“地域のピアノ教室” です。

ピアノ人生はそこからです。


“ピアノを弾いてみたいな”
“ピアノが弾けたらいいな”
と思ったら、

まずはピアノ教室を探してみましょう^ ^


アドバイスも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織
➖➖➖➖➖➖➖➖