筆圧(濃く書いてほしい時)

ピアノ教室では字を書くお勉強があります。
→ドリルで取り組みます。


レッスン=ピアノを弾く+ドリル、+α お歌、リズム練習 などなど…

習い事が初めての年少さんも
必ずドリルをやります。




さて、ここで年少さんあるあるです。



♬「筆圧が薄い」



鉛筆を持つのもままならない年少さんに
“濃く書いてね〜”と言っても、ダメなのです。


・線がふにゃふにゃ
・色を塗る時は上下のギザギザ塗り
・本人自信が何を書いてるのかわからない

どれも初期の頃に見られる傾向です。


が、ものは慣れです。


何度も何度もやっていくと
ある時、ふと“出来ちゃう” 時が来ます。


矯正するのはそれからで良いですね^ ^




“濃く塗ってほしいな~” の解決法。


問題
四分音符(♩)をなぞりましょう。


ドリルには必ずお手本の音符があります。
しかも、お手本の♩はとても濃い。


さて、一段目を最後まで書き終えあと。


「最後までよく書けました〜^ ^
ね!
今書いたところ、
お手本と同じに書けたかな??
遠くから見てみよう!」


そう。
“遠くから見てみる” のです。

↑ドリルを縦にして目から少し離してみます。



そうするとどうでしょう?

・・・

私「お手本の♩は真っ黒だね^ ^
◯◯ちゃんの♩は真っ黒かな?」

生徒さん「真っ黒じゃなーい」

私「そうだね~
じゃあもっと強〜く塗ってみようか!」

生徒さん「出来た〜」

私「おお!いいね~
もう1回遠くで見てみようー!
どう?お手本と同じになったかな?

生徒さん「なったー!!」

・・・

この会話を繰り返しやっていくと
あら不思議!
薄かった音符がぜーんぶお手本と同じに、
“濃く” なってしまいます^ ^


※その生徒さんは、お手本と比べる方法を覚えていたのか、次のレッスンでは自らドリルを縦にして観察し始めました。




あくまで、
その生徒さんにピッタリだった方法です。

レッスンをしていく中で
その生徒さんにあった練習方法や説明の工夫などを考えています。


一人ひとりに合わせたレッスンが出来るのは
個人教室の強みです^ ^

➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織
➖➖➖➖➖➖➖➖
f:id:niconicopianolesson:20151211170912j:image
お花の詰替をしました。
頂いたのが10日ほど前だったにも関わらず、
元気なお花がこんなに。

生花って癒されますね~


それでは、良い週末を。