脱いだものは畳みましょう

私が幼稚園に勤めていた頃


朝、登園して来た子ども達は
“自分の上着を脱いでハンガーに掛ける”作業をします。

帰るときには、日中に着ていた運動服を脱いで
“きちんと畳んでから” 袋にしまいます。

それからハンガーにかかっている上着を着て
お帰りの準備が終わるわけです。


この作業を年少さんのクラスで身に付けます。


ですから、自分の脱いだ上着は自分でたためるんですね!
年少さんの歳のお子さんでも^ ^


ピアノの個人教室では、
ほとんどの生徒さんが幼稚園や保育園、小学校などの帰りに通って来られます。


園で靴下を脱ぐ習慣からか、
ピアノの部屋に入ると靴下を脱ぐ生徒さんが多いです。

ポイッと投げてしまっては、だらしがありませんね。


靴下を手提げかばんと一緒に
イスの上に置きましょう~!


と一声掛ければ、
そうだった~!とやり直してくれます。
素直な子どものいいところですね。


何度も繰り返せば、自然と最初からイスの上に
置くようになります。

それまでは“誘導” が必要なのです。


最近は季節も冬に近付き
上着を羽織ってくる生徒さんがほとんどです。


・脱いだものは整えましょう。
・大きな物は畳みましょう。
・自分の荷物はまとめましょう。

これらをピアノ教室でも身につけていきましょう!


学びは色んなところにありますね^ ^


週が明けた月曜日は、
“教室に入ってから、ピアノに向かうまで” 
についてお話ししたいと思います。

f:id:niconicopianolesson:20151120122306j:image

12月に入りましたら
前回のピアノ発表会のDVDを生徒の皆さんにご覧頂きます。

私が受け持っている生徒さん全員が
ピアノ発表会が初めてです。


“発表会ってどんなことするの〜??”


ドキドキですね^ ^
➖➖➖➖➖➖➖➖➖
『ニコニコピアノ教室』
講師*高登 史織
➖➖➖➖➖➖➖➖➖